相続税申告の手続き

相続税の流れ

相続税の申告期限は、相続開始を知った日(通常の場合は被相続人の死亡した日)の翌日から10ヶ月以内となっています。申告期限までに申告をしなかった場合や、実際にもらった財産の額より少ない額で申告をした場合には、本来の税金のほかに加算税がかかりますので注意してください。

申告書の提出期限に間に合わない場合には、とりあえず法定相続分にしたがって遺産分割をしたとして各相続人が相続税を払います。そして、正式に遺産分割が終わった後に、相続税の過不足を精算するようにします。

相続税について

「課税価格(プラスの財産-マイナスの財産-葬儀費用)」がプラスになった場合でも、必ず相続税がかかる訳ではありません。相続する財産が一定額を超えた場合に初めて相続税が発生し、相続税がかからない一定額のことを「基礎控除額」といいます。相続税法では、基礎控除の額が「3,000万円+600万円×法定相続人の数(今年は5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)」となっていますので、この範囲でしたら相続税が発生しません。

相続税の申告書は、いつまでに、どこに提出するの?

相続税の申告書の提出期限

相続税の申告書の提出期限(以下「申告期限」といいます。)は、相続の開始があったことを知った日(通常の場合は、被相続人の死亡の日)の翌日から10か月目の日です。

相続税の申告書の提出先

相続税の申告書は、被相続人の死亡の時における住所地を所轄する税務署長に提出します。相続人の住所地を所轄する税務署長ではありませんのでご注意ください。

相続税の申告書の提出方法

相続税の申告書は、同じ被相続人から相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した人が共同で作成して提出することができます。

しかし、これらの人の間で連絡がとれない場合やその他の事由で申告書を共同で作成して提出することができない場合には、別々に申告書を提出しても差し支えありません。

相続に関するトータルサービスを可能にしたプロフェッショナル集団。私たちに任せてください。相続信頼のサポート。 無料メール相談はこちらから
  • ホーム
  • 相続トータルサポートの魅力
  • 相続税申告について
  • 相続の手続き
  • お困りごとは?
  • 生前対策
  • ご相談の多い事例
  • 費用について
  • 事務所案内
  • 無料メール相談

このページのトップへ